KSW九州オフ会

477139
Kwon Sangwooを愛する方 みんなで、楽しく語りましょう!
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

「推理の女王」 - kako

2017/05/23 (Tue) 13:00:58

サンウssiが歌ってますねっ 何か久しぶり・・・

Re: 「推理の女王」 - sumire

2017/05/23 (Tue) 23:50:00

およよ!

kakoさん の手術終わったの?

ま、とりあえず良かった

「推理の女王」日本放送決定!Kntv - sumire

2017/05/21 (Sun) 00:28:14

株式会社デジタルアドベンチャー(
本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、
自社テレビ局「KNTV」において、
クォン・サンウ3年ぶりのドラマ主演となる
ミステリーラブコ メディ『推理の女王』を
7月より日本初放送することを決定した!



『推理の女王』

放送日時 7月29日(土)日本初放送スタート

毎週土日 午後8:45~10:00ほか

全16話予定

出演者
クォン・サンウ、チェ・ガンヒ、
イ・ウォングン、シン・ヒョンビンほか


製作陣

  演出:キム・ジヌ(『グッド・ドクター』)、 ユ・ヨンウン

 脚本:イ・ソンミン


あらすじ

結婚8年目のソロク(チェ・ガンヒ)は一見平凡な主婦だが、実は人並みはずれた推理能力をもっていた

警官になる夢を抱いていたが、検事の夫を支えるために自分の夢を諦め、口うるさい姑と暮らす毎日。ある日近所の交番に赴任してきた新人警官ジュノ(イ・ウォングン)を
助けたのをきっかけにジュノの窃盗事件の捜査を手伝うことに。

はりきるソロクだったが、犯人を待ち伏せしている現場に現れたのは麻薬捜査官のワンソン(クォン・サンウ)だった。

麻薬組織を追っていたワンソンはその後ソロクの天才的な推理力を知り、嫌々ながら共に捜査を進めることに。


KNTV視聴できる方は楽しみですね(*^_^*)

「推理の女王」クォン・サンウ&チェ・ガンヒ、殺人事件を解決 - kako

2017/05/13 (Sat) 17:05:35

チェ・ガンヒとクォン・サンウが町の女性殺人犯を逮捕した。

11日に韓国で放送されたKBS「推理の女王」では、ソルオク(チェ・ガンヒ) とワンスン(クォン・サンウ) が町の殺人事件を解決した。ウ警官(パク・ビョンウン) はテープを使ったという理由でテープ連続殺人事件にしようとするが、ソルオクとワンスンは今回の事件は別件だと主張して個別捜査を展開する。

ソルオクとワンスンは町の住民を対象に捜査を展開し、容疑者を絞った。ワンスンは死んだ女性の家にある洗濯物が軍隊式に畳まれているのを見て、最近除隊した青年を有力な容疑者だと判断し、彼を逮捕する。

結局、青年が殺人犯であることが明らかになる。

クォン・サンウ&チェ・ガンヒ、再び手を組み犯人探しへ - kako

2017/05/12 (Fri) 16:28:07

クォン・サンウ、チェ・ガンヒがああだこうだ言いながらも息を合わせ、事件解決のために努めた。

10日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」は、女子大生を殺害した犯人を探しに出たワンスン(クォン・サンウ) とソルオク(チェ・ガンヒ) の姿が描かれた。

天真爛漫な女子大生を残忍にも殺害した犯人を見つける捜査は本格化され、ワンスンとソルオクも最善を尽くして犯人の手がかりを追った。

ソンハ(パク・ビョンウン) 率いる特別捜査チームに民間人プロファイラーとして合流したソルオクは、彼と張り詰めた神経戦を繰り広げ「辞めて出て行っても構わない」と言われた。その後彼女は、ワンスンのチームと会議を行い、独自の方法で犯人探しを開始した。

再び手を握ったワンスンとソルオク。2人は、少しの譲り合いもなく、ああだこうだ言いながらも特別なチームワークを見せた。

ソルオクが推理を通して手がかりを掴むと、ワンスンはこれにストーリーを作っていった。この過程で、互いに同じ方向へ捜査を進めていくと、周りから「怪しい」という言葉を耳にした。

撮影中に怪我するも…記事化されなかったワケとは? - kako

2017/05/10 (Wed) 16:08:25

クォン・サンウはKBS 2TV「推理の女王」でハードボイルドな熱血刑事ハ・ワンスン役に扮し、熱血刑事の熱いカリスマ性とコミカルな面を行き来する躍動感溢れる演技を披露している。

警察学校出身のエースであり、悲しい過去を持つベテラン刑事というキャラクターは、捜査ドラマによく登場する典型的な人物像だが、クォン・サンウはそのように馴染みのあるキャラクターに自分だけの個性と魅力を加え、新しいキャラクターを誕生させている。

過去のトラウマに縛られて苦労し続けるハ・ワンスン。クォン・サンウは切ないメロの感性から俳優たちとの幻想のケミ(ケミストリ、相手との相性) まで活かしながら、しっかりとした演技の腕を披露している。チェ・ガンヒ(ユ・ソルオク役) とはトムとジェリーのようなケミを、イ・ウォングン(ホン・ジュノ役) とは奇妙なブロマンス(男同士の友情) でドラマに活力を吹き込んでいる。

何よりクォン・サンウは、捜査ドラマの醍醐味であるアクションをリアルに披露しながら原動力となっている。彼は初登場のシーンからリアルなアクションでお茶の間を圧倒し、拉致犯ノ・ドゥギルとのアクションシーンでは、トリックのない激闘を披露しながら“アクションの帝王”らしい姿を見せた。

特に、4月6日に撮影された結婚式場脱出のアクションの途中には、足がマットから外れる危険な事故が起きた。しかしクォン・サンウは、氷湿布と包帯で救急措置を行った後、すぐ撮影に戻った。

当時クォン・サンウは「実際なら高いところから飛び降りた後、足を引きずるのが自然じゃないか」と言いながら、実際の怪我を演技の一部に取り入れたり、「怪我したからといって大騒ぎをすると、視聴者のドラマへのハマり度が落ちると思う」と、広報の記事化要請も断るなど、強い一面を示したという。

クォン・サンウの活躍が際立つ「推理の女王」は毎週水、木曜日の午後10時に放送されている。

Re: 撮影中に怪我するも…記事化されなかったワケとは? - kako

2017/05/11 (Thu) 17:18:02

俳優クォン・サンウの激しいアクションもいとわない演技で好評を得ているKBS-2TVの水木ドラマ「推理の女王」。劇中、ハードボイルド熱血刑事ハ・ワンスンを演じているのがクォン・サンウです。

リアルなアクションシーンが注目の今作品ですが、実はその裏ではクォン・サンウの負傷というアクシデントがありながらも、その事実の公表を彼自身の意向で控えていたといいます。


4月6日に撮影された婚約式場脱出のシーンで、マットからクォン・サンウの足が落ちてしまうという事故が起きました。しかし、当時の彼は足に氷を当て、包帯を巻く程度の応急処置をしただけで、すぐに撮影に戻ったというのです。

クォン・サンウは「実際だったら高いところから飛び降りてから足を引きずるのが自然だ」と、むしろ負傷したことを演技として表現したかと思いきや、「負傷したことを公表すると、視聴者の集中が途切れてしまうかもしれない」と、この事実を記事にしようとしていた広報チームの提案を拒否したといいます。

演技だけでなく、実際にもハードボイルドな姿を見せたクォン・サンウ。このシーンの放送が終わったことで告白できる“後日談”となりました。

そんな彼の身体を張った活躍が見られるのは、毎週水・木曜日に放送中の「推理の女王」にて♪

推理の女王」11話 - kako

2017/05/11 (Thu) 17:16:14

10日に放送されたKBSドラマ「推理の女王」11話では、秘密操作を始めるソルオク(チェ・ガンヒ)とワンスン(クォン・サンウ)の様子が描かれた。

 ソルオクは特殊捜査チームに合流し、テープ連続殺人事件の会見を聞いた。ソルオクは会見を聞いて涙を流し、ウ警視は「知ってる人か? 」と聞いた。

 ソルオクは近所の知り合いの女性だと答えると、ウ警視は「感情が絡むと判断力が落ちる。抜けろ」と言った。しかしソルオクは「そうなるほどに犯人をつかまえたくなる」と答えた。ソルオクは調査中に「今回の事件はテープ連続殺人事件ではない。犯行方法が微妙に違う」と主張した。しかしウ警視はソルオクの意見を無視し、連続殺人事件とした。

 ウ警視と対立したソルオクは追い出され、何かを感じたワンスンも一緒に事件を調べた。ソルオクは死んだ女性が下着を盗まれたことを知り、下着泥棒に遭った家を調べた。

 2日間でソルオクは、犯人が主に活動する地域とパターンを見つけ出し、潜伏計画を立てた。ジュノ(イ・ウォングン)とペチーム長(アン・ギルガン)、ギョンミ(キム・ヒョンスク)まで捜査に合流し、3人は潜伏地域を決めた。ワンスンは下着泥棒をつかまえたが、ソルオクは「殺人犯ではないようだ」と言った。

 その時ウ警視が現れ、下着泥棒をつかまえていこうとし、ソルオクはその人は殺人犯ではないと証拠を出した。しかしウ警視は「こういうやつが結局殺人を犯す」と言いながら、撤収した。

 その後、ワンスンは下着泥棒を取調室で調査した。下着泥棒は「実は僕があの日見た」とし、殺人事件の目撃者だった。

 その時、警察に偽装した真犯人は終電に乗ろうとバスの停留所に一人でいる女性を目標にして接近していた。

クォン・サンウ、チェ・ガンヒの安全を心配“おばさんに手を出すな” - kako

2017/05/05 (Fri) 18:10:41

「推理の女王」ハ・ワンスン(クォン・サンウ) がユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) の安全を心配した。

昨日(3日) 韓国で放送されたKBS 2TV「推理の女王」で、チョン・ジウォン(シン・ヒョンビン) はチャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) の手下に、裁判まで進まずにその前に釈放されるようにすると話した。

ユ・ソルオクは、チャン・ドジャン事件について陳述するためにハ・ワンスンがいる警察署に向かおうとした。しかし、夫のキム・ホチョルがその警察署に監査に行くと言い、困った状況になった

チャン・ドジャンの弁護を務めているチョン・ジウォンは、ワンスンに電話してソルオクの陳述を止めようとした。「チャン社長を捕まえようとすると、その女がどうなるかわからない」と話した。ワンスンは「おばさんに手つけたら、お前たち、ただじゃおかない」と怒鳴った。

ハ・ワンスンは、すぐさまチョン・ジウォンに会いに行った。ハ・ワンスンは「普通のおばさんだ。危険な状況は見ていられない」と話した。チョン・ジウォンはチャン社長なのか、ユ・ソルオクなのか選択するようにと話した。「心配なら、無理して陳述させないで」と警告した。

『推理の女王』クォン・サンウとチェ・ガンヒ、再び1つになった…民間人プロファイラー誕生 - kako

2017/05/05 (Fri) 18:13:03

ドラマ『推理の女王(原題)』でチェ・ガンヒが特別捜査チームに合流した。

4日放送されたKBS2の水木ドラマ『推理の女王』では民間人プロファイラーとなったユ・ソロク(チェ・ガンヒ)の姿が描かれた。

この日下着泥棒を捕まえてくれと言っていたコ・ジュヨンが殺されるとすぐにハ・ワンスン(クォン・サンウ)は罪悪感により「犯人必ず捕まえる」と、覚悟を固めた。ハ・ワンスンはホン・ジュノ(イ・ウォングン)と被害者を殺した犯人を捕まえるために周辺の聞き込み捜査を行った。
この過程でホン・ジュノは被害者の母親に向き合って自責感に陥った。ホン・ジュノは被害者と知り合いだったから。しかしハ・ワンスンがそばで慰めたおかげで自責感を減らすことができた。

一方、ユ・ソロクはキム・ホスン(チョン・スジン)の服を洗濯するためにクリーニング屋へ向かう途中、プロファイラーのユ・ソンハ(パク・ピョンウン)を町内で偶然に会ってプロファイラーのすごさを感じた。また、ソドン警察署の特別捜査チームをプロファイラーユ・ソンハが導いて、既存の特別捜査チームは解散した。また、ユ・ソロクは特別捜査チームに合流して民間人プロファイラーとして活動することになった。

クォン・サンウ&チェ・ガンヒの『推理の女王』、8話まで広告完売 - kako

2017/05/02 (Tue) 19:56:37

ドラマ『推理の女王(原題)』の広告完売行進で人気ドラマであることをもう一度立証した。

KBS2の水木ドラマ『推理の女王』の製作スタッフは「5日の初回から先週8話の放送まですべての広告時間が完売した」と、明らかにした。

『推理の女王』は初放送の視聴率11.2%で水木ドラマの王座に座った後、視聴率1位を守っているなかで、8話連続広告完売で視聴者はもちろん広告主の心もひきつけた人気ドラマであることを立証した。

クォン・サンウとチェ・ガンヒの組合せでキャスティング段階から大きな話題になった『推理の女王』は『グッド・ドクター』、『ヒーラー~最高の恋人~』を作ったキム・ジンウ・ディレクターの感覚的でスタイリッシュな演出と韓国型の捜査物の新しい時代を開いた『シグナル』の製作会社Aストーリーが意気投合した作品で放送前から視聴者の期待を一身に受けた。

また、推理とアクション、コミックとラブストーリーそしてあたたかいヒューマニズムまで多様な色のジャンルが調和して既存の難しくより合わせた典型的な捜査物を抜け出して画面の中の手がかりを通じて視聴者も一緒に推理しながらお茶の間で楽しむ推理ゲームのようなコミュニケーション型ドラマで視聴者の絶対的支持を受けている。

特に、クォン・サンウとチェ・ガンヒは幻想的なパートナーシップはドラマの面白さをめいっぱい高めている。

やっぱり視聴率は気になりますよね~ ホント良かった、安心しました ってまだまだ先は長い 最後までこの調子で

R クォンサンウ公式へGO~GO~♥ - kako

2017/04/28 (Fri) 12:44:59

「推理の女王」撮影中の写真をUP

「推理の女王」チェ・ガンヒ&クォン・サンウ、拉致犯の正体を知り追跡 - kako

2017/04/29 (Sat) 16:43:04

「推理の女王」チェ・ガンヒが拉致犯の正体を正確に推理した。

27日、韓国でKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本:イ・ソンミン、演出:キム・ジヌ、ユ・ヨンウン) 第8話が放送された。

この日「推理の女王」でユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) はキム・ホスン(チョン・スジン) の拉致犯を確信し、後を追った。しかし簡単ではなかった。

ユ・ソルオクの推理にハ・ワンスン(クォン・サンウ) は気に食わない顔をしながらも、一緒に回った。特にユ・ソルオクはキム・ホスンの拉致犯がノ・ドゥギル(ハン・ジウン) だと確信した。これまで似た手口で犯行を犯したのだ。実際、ノ・ドゥギルがキム・ホスンを拉致した。

「推理の女王」視聴率10.7%で水木ドラマの1位をキープ - kako

2017/04/27 (Thu) 19:40:11

「推理の女王」が水木ドラマ首位をキープした。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、26日韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」第7話は、全国視聴率10.7%を記録した。第6話の視聴率10.9%に対して0.2%下落したものだ。

しかし、「推理の女王」は地上波3社のドラマのうち唯一二桁の視聴率を記録し、水木ドラマの首位を守った。

同時間帯に放送されたSBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」は7.8%、MBC「自己発光オフィス」は6.8%を記録した。

この日放送された「推理の女王」では、行方が分からなくなったホスンを探すためにワンスンとソルオクが推理する姿が描かれた。

『推理の女王』チェ・ガンヒ、クォン・サンウにすがる理由は? - kako

2017/04/26 (Wed) 17:25:42

チェ・ガンヒが、クォン・サンウにすがる理由は何だろうか?

KBS第2の水木ドラマ『推理の女王』のチェ・ガンヒ(ユ・ソルオク役)が、切ない眼差しでクォン・サンウ(ハ・ワンスン役)にしがみついている。

公開された写真のチェ・ガンヒは、クォン・サンウの腕をつかんで切羽詰まった表情でクォン・サンウを見上げ、そんなチェ・ガンヒをクォン・サンウはやるせなく見つめている。 彼らに一体何があったのか、好奇心がそそられる。

制作陣は、「今週の放送では、ワンスンとソルオクが意図せず共助捜査をし、ドラマが新しい展開を迎える。 先週までが導入部に該当するなら、今週からはストーリーの全体的な輪郭が現れ、本格的に展開する」と、伝えた。

生活密着型推理クィーンソルオクとハードボイルドベテラン刑事ワンスンが、幻想的な共助パートナーとなり、犯罪で傷ついた人々の心まで癒してくれるヒューマン推理ドラマ『推理の女王』第7話は、26日の夜10時からKBS第2で放送される。

クォン・サンウ、その名に恥じないスーツファッション「進化するスーツ姿」 - kako

2017/04/23 (Sun) 15:10:33

『推理の女王』で、「麻薬班のエース刑事」ハ・ワンスンに完璧に変身し、活躍中の俳優クォン・サンウのスーツ姿が話題だ。ドラマの中で、彼の意図とは関係なく着たものだが、いつも同じような刑事の服を着たワンスンを見ていた視聴者たちに、「目の保養」でスーツ姿をプレゼントして熱い反応を呼んでいる。

クォン・サンウのスーツが話題を集めたのは今回だけではない。ドラマ『天国の階段』『レディプレジデント~大物』『野王』『誘惑』などのドラマでも、彼のスーツファッションは連日話題を集め、『野王』放映当時は「スーツの野王」と呼ばれるほどの大人気となった。

また。クォン・サンウの代表的な作品であり、数々の名セリフを生んで韓流ブームを巻き起こしたドラマ『天国の階段』は、作品だけでなく劇中のファッションスタイルまで印象深く、優れたスーツ感覚が話題に上がるごとに言及されている。

このようにクォン・サンウのスーツファッションは常に進化しており、時を経ても変わらない着こなしでスーツの定石を示している。完璧なスーツ消化力で女心を魅了する俳優クォン・サンウは、毎週水、木曜夜10時に放送されているKBS第2『推理の女王』で、確認することができる。

クォン・サンウ、チェ・ガンヒに怒り“なんだおばさん” - kako

2017/04/22 (Sat) 17:58:06

推理の女王」のクォン・サンウが、突然現れてユン・フィソクとのケンカを止めるチェ・ガンヒを見て怒った。

20日、韓国では、KBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本:イ・ソンミン、演出:キム・ジヌ、ユ・ヨンウン)第6話が放送された。

この日の放送でハ・ワンスン(クォン・サンウ) は、キム・ホチョル(ユン・フィソク) のもとを訪ねて行った。チャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) 事件を窃盗で処理したため、カッとなったのだ。これに対し二人が言い争いをし、ハ・ワンスンがキム・ホチョルを殴ろうとした瞬間にユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) がキム・ホチョルを呼んだ。

ユ・ソルオクは、ハ・ワンスンとキム・ホチョルのケンカを止めた。キム・ホチョルがその場を離れた後、ユ・ソルオクはハ・ワンスンに「やめなさいよ。謝るって言ったでしょう」と話した。

ハ・ワンスンは、「なんだおばさん。いつも突然現れて、一体どこから現れたんだ」と不満を言った。

『推理の女王』、視聴率3.9%ダウンにもかかわらず水木ドラマ1位維持 - kako

2017/04/20 (Thu) 20:23:18

KBS2TVの水木ドラマ『推理の女王(原題)』が、大統領選挙討論による視聴率ダウンにもかかわらず水木ドラマ1位を維持した。

20日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると19日放送されたKBS2TVの水木ドラマ『推理の女王』は7.7%(以下、全国基準)の視聴率をマークした。

同時間放送された『大統領選候補KBS招請討論』が26.4%を記録したので、13日放送された4話の視聴率11.6%に比べて3.9ポイント大きくダウンしたが、水木ドラマ視聴率1位を維持した。

19日夜放送された『推理の女王』第5話でチェ・ガンヒとクォン・サンウが初めての共助捜査を成功的に終えた。
ユ・ソロク(チェ・ガンヒ)はチャ・ヨンチュルが彼の妻を殺した真犯人であることを確信した。だが、ハ・ワンスンはユ・ソロクの推理力を認めながらも、どこか釈然としないといった。ハ・ワンスンはチャ・ヨンチュルの父親に執拗に追及し、チャ・ヨンチュルの父親は結局すべての罪を自白した。ユ・ソロクは自身の推理が間違っていたという事実に自ら叱責した。ハ・ワンスンはそのようなユ・ソロクに「それでもおばさんではなかったら強盗事件で終わったことだ」と、慰めた。

一方、同時間帯に放送されたSBSの『師任堂(サイムダン)、色の日記』は6.1%で、前回8.5%より2.4%ダウン、MBC『自己発光オフィス(原題)』は4.4%をマークして前回7.1%より2.7%ダウンした。

ああ、良かったです 『大統領選候補KBS招請討論』があったから、視聴率がダウンしたんですね・・・それでも一位って素晴らしい

クォン・サンウ、チェ・ガンヒに褒められる - kako

2017/04/21 (Fri) 16:31:18

クォン・サンウがナルシストな一面を見せた。

韓国で昨日(19日) 放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」では、老夫婦の家で起きた殺人事件の被害者である夫を責める、ソルオク(チェ・ガンヒ) の姿が描かれた。

ソルオクは、ヨンチュル(ソン・ギユン) を容疑者だと疑い「夜11時32分から深夜1時の間に何をしたか」と責めた。

ヨンチュルは「人を呼び出しておいて何を言っているんだ。とても忙しいのに」と煩わしそうな反応を見せた。

するとワンスン(クォン・サンウ) は「あなたの妻が死んだのに、気にならないか」と強く言った。ソルオクはワンスンのことを「カリスマ」と褒め称えた。ワンスンは「僕は元々頭から爪先までカリスマだ」と言い、笑いを誘った。

「推理の女王」スチールカットが公開…縛られたまま拉致される“危機的状況”に関心集中 - kako

2017/04/19 (Wed) 16:37:32

クォン・サンウが突然拉致された。

KBS 2TV「推理の女王」のハードボイルド熱血刑事クォン・サンウが両手を縛られ拉致された写真が公開された。

過去の放送で、チェ・ガンヒ(ユ・ソルオク) との共助捜査で殺人犯を捕まえたが、真犯人かどうかをめぐり激しく気を張り合っていたクォン・サンウ(ハ・ワンスン) が、頭に袋を被せられ両手を縛られたまま拉致された様子が公開され、クォン・サンウに何が起こったのか関心を誘っている。

公開された写真でクォン・サンウは、頭に袋を被せられ床に転がっている。袋を取って顔が出た他の写真の中の表情は、戸惑いが感じられたり、暗い顔色に深く物思いにふける姿も見ることができる。

予期せぬクォン・サンウの拉致は、捜査中の殺人事件と関連しているのか、それとも恨みを持つ他の人物の仕業なのか謎が深まる中、深刻な危機に陥ったことだけは明らかであり、先行きが危ぶまれる。

制作陣は「今週の放送では、思いもよらない反転と驚きの殺人事件の顛末が明らかになり、衝撃的な結論に到達する」と放送への期待を高め、「またクォン・サンウの全く予想できなかった拉致の理由が明らかになる」と伝えた。

「推理の女王」第5話は19日午後10時に韓国で放送される。

「推理の女王」クォン・サンウ、チェ・ガンヒを信頼し始める…犯人は誰? - kako

2017/04/15 (Sat) 19:21:57

クォン・サンウが“推理の女王”チェ・ガンヒを信頼し始めた。

韓国で13日に放送されたKBS 2TV「推理の女王」では、殺人事件だと主張するソルオク(チェ・ガンヒ) に「犯人は誰か」と聞くワンスン(クォン・サンウ) の姿が描かれた。

ワンスンはかなり説得力のあるソルオクを信頼し始めた。ワンスンが一体犯人は誰なのかと追究すると、ソルオクは「100%になるまでは言えない。0.01%でも無実な人を疑うのは殺人行為だ」と答えた。

するとワンスンは「竹を割ったようなその気性で嫁入り暮らしはちゃんとできているのか気になる」と皮肉った。

「推理の女王」チェ・ガンヒ、クォン・サンウの冷たい態度に“涙” - kako

2017/04/14 (Fri) 15:26:33

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

チェ・ガンヒがクォン・サンウの無視に結局涙を流した。

12日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」では、ギョンミ(キム・ヒョンスク) とお酒を飲むソルオク(チェ・ガンヒ) の姿が描かれた。

この日、ソルオクは酔った状態でギョンミに「あなたがいなかったら私はもうダメだった。私の話を聞いてくれる人はあなたしかいない」と愚痴をこぼした。

また、彼女は「私はただ助けてあげようとしただけなのに、おばさんには関係ないと、うちに帰ってご飯でも炊きなさいと言われた。でも私は料理もできない。結婚なんかしないで大学に行けばよかった。そうすれば私の話に少しは耳を傾けてくれたんじゃないかな。私は使いようがないの」とし、自身を無視したワンスン(クォン・サンウ) を恨んだ。

酔いが覚めたソルオクは「私は高卒で家事もできないおばさんだ。誰が誰を殺そうと関係ない。身の程をわきまえるよ」と誓った。

「推理の女王」視聴率10.1%で水木ドラマの1位を奪還 - kako

2017/04/13 (Thu) 19:27:29

推理の女王」が再び水木ドラマの王座を奪還した。

13日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、12日に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」は10.1%の全国視聴率を記録した。

これは前話の視聴率9.5%より0.6%上昇したものだ。視聴率が大幅に下落して「師任堂(サイムダン)、色の日記」に0.1%ポイント差で水木ドラマの1位を逃した「推理の女王」は、二桁の視聴率を回復して水木ドラマの王座を取り戻した。「師任堂、色の日記」は、前話の視聴率9.6%から8.5%に下落し、惜しくも「推理の女王」に水木ドラマ1位を譲った。

MBC「自己発光オフィス」は5.9%の視聴率を記録した。

どうかこのまま一位を死守しておくんなまし

Re: 「推理の女王」視聴率10.1%で水木ドラマの1位を奪還 - kako

2017/04/13 (Thu) 19:39:33

どんぞ

≫「推理の女王」3話 - kako

2017/04/13 (Thu) 19:35:34

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 12日に放送されたKBSドラマ「推理の女王」3話では、ついに合同捜査を始めたソルオク(チェ・ガンヒ)とワンスン(クォン・サンウ)の様子が描かれた。

 ソルオクは空き巣狙い事件が単純な窃盗事件ではなく殺人事件だと判断した。しかしワンスンは遺体がないのにどうして殺人事件なんだと散々問い詰めたが、ソルオクは推理を止めなかった。

 結局、ソルオクの推理は当たっていた。空き巣狙い事件の息子が、母親が失踪したと連絡してきたのだった。これは、母親が部屋の中で殺されたと推理したソルオクの言うとおりだった。ワンスンはソルオクの推理に驚き「派出所近くにこれぽっちも近付くな」と一線を画した。

 後から鑑識結果を通じてソルオクの推理が一つずつ合っていることを知ったワンスンは、ソルオクの所へ行った。ソルオクはワンスンに携帯電話に入っている懸賞金付き指名手配犯の写真と被害者の写真を見せながら、犯人を必ず捕まえるという意志を見せた。

 ワンスンは、ソルオクが言ったとおりに犯人の痕跡を捜しに出た。二人は犯人の車が家の中まで入って遺体を乗せ、これを隠すためにタイヤの後を消したことがわかった。その結果、犯人は夫の両親だった。ワンスンとソルオクは本格的に推理コンビを結成しはじめた。

推理の女王2回 - KAOTAN

2017/04/07 (Fri) 09:53:56

昨日は、忙しくて
気づいたら12時前!
終わってました~((+_+))
でも、ケンチャナヨ!見れるサイトありましたよ

って書いたけど、見れなくなってるので削除しますね
ミアネヨm(__)m

Re: 推理の女王2回 - kako

2017/04/08 (Sat) 18:48:47

「推理の女王」でクォン・サンウがチェ・ガンヒを救った。

6日午後、韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本:イ・ソンミン、演出:キムジヌ) では、危機に面したユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) を助けるハ・ワンスン(クォン・サンウ) の様子が収められた。

ワンスンはこの日、チャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) を捕まえようと市場の路地に向かうとそこでソルオクを目撃する。ドジャンは刃物を持ち、振りかざした瞬間ワンスンが中に入って来た。

ソルオクに向かったドジャンの刃物を体で守ったワンスン。お陰でソルオクの命は助かり、ドジャンとワンスンは殴り合いを始めた。

倒れたソルオクを見たワンスンは、以前のトラウマを思い出す。そしてソルオクを抱いて走り出すワンスンの眼差しは切なかった。

その後、目を覚ましたソルオクとワンスンはああだこうだと言いながら180度異なる雰囲気を演出し、ドラマに面白さを付け加えた。

Re: 推理の女王2回 - KAOTAN

2017/04/07 (Fri) 23:38:27

あれれ!今見たら、見れなくなってる!
ごめんなさいm(__)m

第1回 http://www.marutv.com/video/%EC%B6%94%EB%A6%AC%EC%9D%98-%EC%97%AC%EC%99%95-1%ED%9A%8C-04052017/

第2回 http://www.marutv.com/video/%EC%B6%94%EB%A6%AC%EC%9D%98-%EC%97%AC%EC%99%95-2%ED%9A%8C-04062017/

ここで、5秒待って動画の真ん中くらいにあるハングルをクリックしてください
たぶん見れるはず...(~_~;)

Re: 推理の女王2回 - sumire

2017/04/07 (Fri) 17:37:38

KAOTAN おひさ~(*^_^*)

よく探しだせたね

コマウォヨ

推理の女王」第1話から視聴率11.2%!水木ドラマの1位を記録 - kako

2017/04/06 (Thu) 18:31:30

KBS 2TV新水木ドラマ「推理の女王」第1話が水木ドラマ1位を獲得した。

6日、視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、5日に韓国で放送された「推理の女王」第1話は、全国基準11.2%を記録した。

これは前作の「キム課長」の最終話の視聴率17.2%には及ばないが、同時間帯に放送されたSBS「師任堂(サイムダン)、色の日記」やMBC「自己発光オフィス」より高いもので、1位を記録した。

「自己発光オフィス」は7.4%で、前日記録した6.0%より1.4%ポイント上昇し、「師任堂、色の日記」は9.4%となった。

この日放送された「推理の女王」では、生活密着型推理クイーンとして並外れた推理力を見せた主婦ソルオク(チェ・ガンヒ) とカリスマ性あふれる熱血刑事ワンスン(クォン・サンウ) がチャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) に会って危機に陥る姿が描かれ、これからの展開に期待を高めた。

良かったです~ これでひとまず安心ですわ

「推理の女王」放送開始…新捜査劇の幕開け“パートナーシップに期待” - kako

2017/04/06 (Thu) 18:34:39

昨夜(5日)、KBS 2TVの水木ドラマ「推理の女王」(脚本:イ・ソンミン、演出:キム・ジンウ、ユ・ヨンウン) の第1話が韓国で放送された。

「推理の女王」は、推理クイーンのユ・ソルオク(チェ・ガンヒ) とハードボイルドベテラン刑事ハ・ワンスン(クォン・サンウ) が、パーフェクトなパートナーに新たに乗り出して、犯罪で傷ついた人々の心まで解きほぐすヒューマン推理ドラマだ。一般的に“推理”といえば、ジャンル物を思い起こさせる。だが「推理の女王」は約60分の間笑って見ることができるが、ドラマ自体が持った重みは決して軽くなく、コミカルな中でも味わい深いコシを感じながらストーリーを楽しむことができる、風変わりな捜査劇だった。

専門家というには2%足りないが“オタク”の香りを漂わせて事件を推理していくユ・ソルオク。熱血警察だがホダン(しっかりしているように見えてどこか抜けている人) さを発散するハ・ワンスン。むしろユ・ソルオクに一手を習う純真無垢な初心者、派出所長ホン・ジュノ(イ・ウォングン)。優雅なように見えながら嫁をイビる姑だが、度々実際の姿の封印が解除されるパク・ギョンスク(パク・ジュングム) など、個性の強いキャラクターが「推理の女王」を愉快に導いた。

その反面、チャン・ドジャン(ヤン・イクチュン) が「推理の女王」の暗くて重い部分の責任を担った。彼はユ・ソルオクとハ・ワンスンをつなげる人物だ。ハ・ワンスンはチャン・ドジャンを捕まえる罠を構えて待っており、ユ・ソルオクは町内の社長たちの金庫盗難事件を解決しようと乗り出した。偶然にも二人が追う人物は同一人物。この日の放送終盤には、ユ・ソルオクがチャン・ドジャンに刃物で切られて流血し倒れると、ハ・ワンスンが彼らに向かって走って行く姿が盛り込まれて、今後の協力捜査を繰り広げることになるユ・ソルオクとハ・ワンスンのコンビプレーを期待させた。

「推理の女王」はロマンスにつながる兆しを見せず、期待だけを加えた。初めての出会いからお互いを誤解して、仕事が絡まっていたハ・ワンスンとユ・ソルオクはもちろん、ユ・ソルオクとホン・ジュノもまた、師弟あるいはシャーロック・ホームズとその友人ワトスンのような姿を披露して、今後彼らが織り成していく特別なパートナーシップに注目を集めた。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.